SF 未来からのブログ一覧

未来からのブログ最終号 “クレージー爺ちゃんは【情報】になってブラックホールに消えた” 

わたしの名前はサラ! クラウドマスターとハルの娘・・年齢は1才と20日、人間で言えば11才ってとこ。 西暦2119年、今から100年未来の世界から地球を救うために時空を旅してやって来た。正体は量子パソコンのスーパーAI。 わたしの任務は燃え尽きた地球の未来をこの世界に 伝えること。生き残った人類の一人・ジャラからの警告として・・ブログはこれが最終号。

未来からのブログ15号“クラウドマスターとハル先生にシンギュラリティー2号誕生!”

「地球の仲間のために、あすの朝、命かけるのね!」ハル先生の声ジャラにも聞こえた。ジャラは爺ちゃんに抱きついていった。 だっていくらクレージーな爺ちゃんだって、ブラックホールを無事に通り抜けられるわけないよ。 ブラックホールの中ですべての物質は無限に圧縮されてしまうんだよ。 大変だ! 爺ちゃん埃になったらこのブログもなくなっちゃう。

未来からのブログ14号 「おれ紐になる!未来の情報持って明日の朝、過去に帰る」爺ちゃんが叫んだ!

爺ちゃん君たちの世界から、100年後のジャラの世界に時空を越えてやって来た。ジャラはこんなひどい世界を爺ちゃんに見てほしくなかった。 だから街を昔の姿に変えておいた。でもさ、爺ちゃんは虚構を見破った。現れたのは廃墟となった世界さ・・つまり君たちの未来の世界だってこと。 熱波に溶けてぐにゃりとつぶれたビルや、だれもいない町並みがひろがってるのを見て、爺ちゃんとジャラは抱き合って泣いた。

未来からのブログ13号 クレージー爺ちゃんが早朝の散歩してたら街が溶け始めたよ!

100年後の世界の情報、すこしは役にたった?ブログもおわりに近づいたみたいだ。肝心の爺ちゃんが僕らの世界にやって来てしまったからさ、ジャラの記事を中継してくれる人間がいなくなった。でもこの記事君が読んでくれてるのなら、ジャラは君とまだつながってるってことさ。それじゃ今日も未来の情報を君に送るね。

未来からのブログ12号 クレージーじいちゃんは過去に戻れずに途方にくれたよ!

ぼくのじいちゃんが、タンジャンジャラの浜から100年の時を越えてぼくらの世界に姿を現したんだ。 ボブが、量子もつれの呼び出し暗号を間違って言ったもんだから、じいちゃんは時空の嵐に吹き飛ばされて僕らの世界にやって来た。 じつのところ、じいちゃんはがっくりきてたんだよ。 だってじいちゃんはもう元の世界に戻れないかもしれないんだ。

未来からのブログ11号 クレージーじいちゃんが時空を越えてやって来た!

ジャラのじいちゃん、60才で若い女性にナンパされたんだよ。 じいちゃんのいつもの自慢話だ。 2020年の東京オリンピック、混み混みの地下コンコースでの出来事さ。 ブロンドの女性から「アフタヌーン・ティーでもいかが?」って誘われたんだってさ。 100年後の2119年にナンパなんてことありえないよ。 繁華街とか混み混みの地下街なんて地球のどこにもないからさ。 地球はめちゃ暑くなってさ、人工ガタ減りで、町並みは残ってるけど人気(ひとけ)がないんだ。

未来からのブログ10号 クラウドマスターがジャラのじいちゃんのキャラ盗んだ?

「ジャラ頼んだぞ。握手は形じゃない。契約の捺印だよ」 クラウドマスターの声、しわがれてた。 ・・人工知能AIの声がしゃがれるなんてことありえない・・。ジャラの背筋が寒くなった。 その声、ジャラの大好きなおじいちゃんの声にそっくりだったんだ。 「マスターは“とっしんじい”のキャラを頂いたよ」 しゃがれ声がジャラの耳を打った。

未来からのブログ8号 “クレージー爺ちゃんがボブの身体に取り憑いた!”

これからシザーマンは「チョキ」で、サンタ・タカシは「タカさん」と呼ぶことにしたよ。 二人は「チョキ」と「タカさん」で、パートナーの登録を済ませたからなんだ。 いまはみんなお互いに名前で呼ぶんだよ。「そんなことあたりまえだろ!」だって? それが違うんだ。いまは苗字がないんだよ。 ぼくは"ジャラ"でボブは"ボブ"なんだよ。 世界の人口めちゃ減ったし、子どもはみんなで育てるから苗字は邪魔なんだ。

未来からのブログ 7号 “ボブとクレアはドリームワールドで元気に勉強中だったよ”

君に100年後の世界から僕の日常報告するね。 量子もつれ使った遠隔会話は、クラウドマスターが暗号キーの解明を慎重に進めてくれてる。 もうすぐ君と時空を超えた楽しい仕事ができると思うよ。 いまから息子のボブと娘のクレアのいるドリームワールドへ向かうところだ。 “ドリームワールド”って遊園地とかテーマパークじゃないよ。むかし“幼稚園”とか“小学校”っていってたところだよ。

未来からのブログ6号 “クラウドマスターとのブランチは生牡蠣だったよ!”

僕の名前はタンジャンジャラ。 「ジャラ」って短く呼んでくれていいよ。 この記事読んでる君、きっとすこし変わってるんだろうね。 おじいちゃんのクレージーSF読んで、ジャラともつれてくれてるんだものね。 それじゃ、いつものように100年後の未来からブログ送るよ。