近代五輪のお手本「古代ギリシャオリンピック」 実は破廉恥な6つの裏話! 

クーベルタン男爵が提唱した近代オリンピックは、古代ギリシャのオリンピックの平和主義とアマチュア精神を手本にしています。しかし、古代オリンピックの実態はそのような理想のイメージとは少し異なっているようです。

オリンピアで男性が裸で戦ったのは有名な話ですが、その背景に破廉恥な習慣がありました。アマチュア精神とかけ離れた優勝者への配慮や、聖なる丘の劣悪な環境。ネロ皇帝の虚栄心など「実は破廉恥な6つの裏話」を紹介します。

古代ギリシャのオリンピックとは?

古代オリンピック   陶器・壺

そもそも古代ギリシャのオリンピックとはどのような大会だったのでしょうか?

古代オリンピックが誕生したのは、紀元前6世紀から4世紀にかけて、古代ギリシャの栄光の時代でした。伝説的な話では紀元前776年にギリシャのオリンピアで始ったとされています。日本では神武天皇が国を開いたと伝承されるのが紀元前660年ですから、その100年も前にギリシャではスポーツの祭典であるオリンピック大会が開催されたことになります。

古代オリンピックは西暦393年まで12世紀ものあいだ、ゼウスの神に捧げる平和の祭として、4年に1度行われ、合計では293回の大会が開催されました。大会の開催を挟む3か月の間はアテネやスパルタなど都市国家間の戦争が禁止されたので、ギリシャ中から熱心な観客がオリンピアに向けて歩いて集まったとされています。

西暦392年、ギリシャを支配していたローマ帝国がキリスト教を国教とした事で、異教であるゼウスを崇めるオリンピックは、その翌年の393年に禁止され、長い歴史を閉じます。

近代五輪のお手本「古代ギリシャオリンピック」実は破廉恥な6つの裏話 

それでは、クーベルタン男爵が近代五輪のお手本とした「古代ギリシャのオリンピック」の実は破廉恥なエピソードを6つ紹介します。

エピソード1 選手はなぜ裸で戦ったのか? 青少年教育の一環?

総合格闘技コンテスト「パンクラチオン」を示す紀元前530年頃のギリシャの壷。右側のアスリートは、服従のしるしとして人差し指を上げています。

古代オリンピックで選手が裸で戦った理由は、競技中に一人の走者の腰布が外れ、つまずいて競争できなくなったことがきっかけで、他の選手も腰布を外して走ることにしたからだという説があります。それ以外に、不正を防ぐために裸になったという説や、すべてをさらけ出して戦うのがギリシャ市民の平等の精神であったという説など、いろいろとありますがその真相は不明です。

裸体はギリシャ文化の特徴です。古代オリンピックも含めて肉体の顕示はギリシャの文化の最大の特徴とされています。

実は、古代ギリシャのスポーツの世界では思春期に達する前の少年を指導するという大義の下に、練習が裸で行われ、指導者と少年との性的な関係が一般化していたとされています。

文化的都市国家の始まりといわれる古代ギリシャで、このような行為が教育の一環として社会的に認知されていたというのには驚きます。

エピソード2 裸で戦った屈強な男性たちの姿を、なぜ未婚の女性は観覧が許されたのか?

裸で走るアスリート
IOC公式

古代オリンピックでは、競技で戦うのは男性のみで女性は競技に参加することができません。既婚の女性は競技場に入ることも観覧することも禁止されていましたが、若い女性や未婚の女性に限って観覧することが許されていました。若い男性の裸を婚前の若い女性が見ることを禁じるのが常識とされそうですが、事実は逆でした。

実は、若い娘の父親がオリンピックの優勝者と結婚させたいという下心から、ルールを破って娘を会場に連れてきたという説があります。オリンピックの優勝者はそれほど娘の結婚相手として理想的だったということです。

親心はいつの世も同じ。オリンピックの優勝者と結婚できれば、可愛い娘は一生裕福な生活が待っていたのでしょうか?

エピソード3 古代オリンピックの優勝賞品はオリーブの花輪と名誉だけ!は大間違い!

古代オリンピックはアマチュアリズムのお手本のように語られることが多いです。近代オリンピックからプロ選手を厳しく排除したクーベルタン男爵は、「古代オリンピックのアスリートは高貴なアマチュアであって、運動能力を現金で売るような下品なことはしなかった」と主張しています。

実は、古代ギリシャにはアマチュアとかプロといった区別はなくて、優勝者が自国に凱旋すれば英雄として特別待遇が待っていました。豪華な無料の食事、現金の提供、税の優遇などがあり、一生豊かに暮らすことができたとされています。古代ギリシャの植民地イタリアのクロトン(Crotona)ではオリンピック優勝が目当ての競技者を育てる専門の学校と施設まであったのです。

エピソード4 オリンピアの聖なる丘/実は不衛生で蠅だらけ、水不足で熱射病、大量の死者が出た!

大会の行われたゼウスの神域であるオリンピアは一般の観客にとって苦難の場所でした。都会であるアテネからオリンピアまで340キロも離れていて、東京から名古屋に相当する距離を数日かけて歩かないといけません。到着してもオリンピアにはVIP相手の簡易な宿泊施設しかなくて、一般の観客は不潔で過密なキャンプで過ごすしかなかったのです。

競技場は草で覆われた低い丘があるだけで、観客席や日よけの天井がなく、きれいな飲み水の不足と熱射病が待ち受けています。トイレや衛生施設もなく、悪臭が立ちこめ、病が流行ると多くの死者が出ました。

汚くて低い丘でしたが、そこはゼウスが父親とレスリングをした聖なる場所であり、神々もオリンピックの競技に参加して戦っていると考えられていました。オリンピアはギリシャの人々にとっては神の中の神であるゼウスの気配が感じられる美しい聖地でした。

エピソード5 破廉恥などんちゃん騒ぎ! 儲けたのは誰?

会場周辺では、若い学生たちが中心になって、ゼウスに捧げられた猪や牛の肉を食べ、酒を飲んでどんちゃん騒ぎが連日繰り広げられます。

実は、集まった男性の観客を目当てに地中海の方々から売春を目的にした女性が集まっていました。彼女たちはオリンピック開催のわずか5日間で1年分のお金を稼いだとされています。

また、古代オリンピック大会には、競技場への入場料がありません。大会を主催したのは貴族たちで、ギリシャ最大の宗教的行事に名誉をかけて働くことが目的で、金儲けは二の次でした。

実は、儲けたのは上手く便乗した事業家や、地元の農家や宿泊の提供者などいわゆる付帯事業を行った人達でした。現代で言えば、観光やインバウンド事業といったところでしょうね。

エピソード6 皇帝ネロの虚栄心のおかげでオリンピックが文化的イベントに?

古代オリンピックは、紀元前2世紀半ばから廃止となる393年まで、500年以上ものあいだローマ帝国の支配下で開催されていました。

ローマ皇帝はオリンピックに競技者として出場することを規則で禁じられていましたが、第5代ローマ帝国の皇帝ネロはオリンピックに参加したくてたまりません。西暦67年、ネロは自ら規則を修正してメイン競技である戦車レースに出場します。

ルールにより戦車を引く馬は4頭と決められていますが、ネロは10頭立てで参戦。御者として太りすぎのネロは訓練不足も原因で、レースを開始して最初のターンの途中、10頭の制御ができずに投げ出されて瀕死の重症を負います。それでもネロは強引に勝利者としての栄誉を手に入れました。

実は、ネロは自分自身を詩人でありパフォーマーであると考えたため、芸術的な競技を新たに付け加えます。竪琴の演奏、トランペット、紋章コンテスト、演技と歌を競技として創設。ネロは競技のいくつかに参加し優勝しました。

“ギターラ歌手”(ポルトガルギターの弾き語り・ファドの原型)として舞台に立ったネロのパフォーマンスは聞くに堪えない代物で、観客は会場を逃げまわったとされています。もちろんネロはチャンピオンとして表彰されました。

ローマ市民は皇帝のオリンピック参加を認めず、日頃から暴挙を行うネロを殺害する計画をたてていました。これを知ったネロ皇帝はギリシャからローマに変装して帰国しますが、もはや逃れられない運命と覚悟を決めます。そして、過酷な死刑執行を避けるために西暦68年6月9日、自らの喉を切り裂いて命を絶ちました。

ネロの虚栄心のおかげでしょうか、近代オリンピックでも、開催都市ではスポーツ競技以外に、“アート・ウイーク”として文化イベントが併催されています。

おわりに

古代オリンピックには、興味深い裏話やエピソードがまだまだ隠されています。戦ったアスリートの汗は、媚薬として売られていたという話もあります。

古代オリンピックの面白そうな裏話を探して楽しんでくださいね。

(おわり)

【記事は無断転用を禁じられています】

The following two tabs change content below.
下條 俊隆

下條 俊隆

ペンネーム:筒井俊隆  作品:「消去」(SFマガジン)「相撲喪失」(宝石)他  大阪府出身・兵庫県芦屋市在住  大阪大学工学部入学・法学部卒業  職歴:(株)電通 上席常務執行役員・コンテンツ事業本部長  大阪国際会議場参与 学校法人顧問  プロフィール:学生時代に、筒井俊隆姓でSF小説を書いて小遣いを稼いでいました。 そのあと広告代理店・電通に勤めました。芦屋で阪神大震災に遭い、復興イベント「第一回神戸ルミナリエ」をみんなで立ち上げました。一人のおばあちゃんの「生きててよかった」の一声で、みんなと一緒に抱き合いました。 仕事はワールドサッカーからオリンピック、万博などのコンテンツビジネス。「千と千尋」など映画投資からITベンチャー投資。さいごに人事。まるでカオスな40年間でした。   人生の〆で、終活ブログをスタートしました。雑学とクレージーSF。チェックインしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする