クーベルタンの男子五輪に反発!“女子オリンピック”を創設したアリス・ミリアとは?

ボートを漕ぐアリス・ミリア/1913 ウイキペディア

“女子オリンピック”を知っていますか?

男子主体のオリンピックに対抗して、1922年に女性だけが参加できる“WOMEN’S OYMPIAD 女子オリンピック”がパリで開催されています。

IOC会長のクーベルタン男爵やそのあとに続くIOC会長がオリンピックへの女性の参加に否定的であったことに業を煮やして、女性だけの「女子オリンピック」を創設した凄腕の女性とは、フランス人の“アリス・ミリア”です。

もとボート選手のミリアはFSFI国際女子スポーツ連盟の創設に携わり、初代会長に就任。IOC国際オリンピック委員会やIAAF国際陸連に対して、オリンピックのメイン競技である陸上競技に女性を参加させることを何度も要請しますが、冷たく拒否されます。反発したミリアが選んだ最後の手段は、パリで女性だけのオリンピックを開催することでした。

オリンピックにおける女性の参画を進めた女性、アリス・ミリアの凄腕に迫ります。

クーベルタン会長の近代オリンピックとは男子だけのオリンピックだった!

1900パリオリンピックでテニスとゴルフをプレーする女性選手 ウイキペデイア

IOCクーベルタン会長

「オリンピックは参加することに意義がある」と宣言したクーベルタン会長ですが、彼の描くオリンピックは、女性にオープンな大会ではなかったのです。第1回アテネオリンピックは男子のみで行われ、第2回パリオリンピックで始めて女性の参加が認められます。しかし女性が参加できたのはゴルフとテニスの2種目だけでした。IOCはその後のオリンピックで女子水泳やテニスなど女子のプログラムを加えますが、大会の花形競技である陸上競技には女性の参加を認めなかったのです。

【1896~1924 近代オリンピック 女子競技の状況】

緑字は女子オリンピックの開催状況)

   開催都市     女子競技

1896年 アテネ      0

1900年 パリ      テニス ゴルフ

1904年 セントルイス  テニス アーチェリー 

1908年 ロンドン    テニス アーチェリー フィギュアスケート

1912年 ストックホルム テニス 水泳 ダイビング 

1916年 ベルリン    第一次世界大戦で開催中止

1920年 アントワープ  テニス 水泳 ダイビング

1922年パリ 第1回女子オリンピック) 

1924年 パリ      テニス 水泳 ダイビング

1926年イエテボリ 第2回女子オリンピック 女子世界大会に名称変更) 

1928年 アムステルダム テニス 水泳 ダイビング 体操 陸上5種目

20世紀の初頭、近代オリンピックに女性が参加できたのはテニスやアーチェリーといった「女性らしい競技」と男性が認めた競技だけでした。古代オリンピックが男子のみで行われたことは有名ですが、20世紀初頭の欧米社会においても社会参加やスポーツは男性が行い、女性は男性を支えていればよいといった男性中心の意識が強かったのです。

20世紀初頭は女性の参政権運動が始まったばかりの時代でした。

IOCの態度に業を煮やしたミリアはFSFIを結成「女子オリンピック」の開催を決定

アリス・ミリア Allice Milliat は1884年にフランスのナントに生まれました。障害を抱えながら、ボートの選手として活躍したミリアは、女性のスポーツ参画運動に身を投じ、1917年に女子スポーツクラブ「フランセーズスポーツフェミニン」の活動に参加、後に会長に就任します。 

1917年の末、ミリアはIOCの会長に一通の手紙を出します。その内容は次のオリンピックであるアントワープ大会で女性が参加できる競技を増やして欲しいという要請でした。しかしクーベルタン会長の態度はオリンピックへの女性の参加に否定的で、女性の出場競技を増やそうとしなかったのです。

イギリスで世界に先駆けて女性の参政権が認められた翌年の1919年、ミリアはIOCに強い影響力を持つIAAF国際陸上連盟に対して、1924年のオリンピック・パリ大会で陸上競技に女子ゲームを含めるように要請しました。

しかしIOCと同じ思想に立つIAAFもこれを拒否。業を煮やしたミリアは1921年10月、国際女性スポーツイベントを監督するフェデレーションスポーツフェミニンインターナショナルFSFIを結成して、オリンピックに対抗。すべてのスポーツ・競技を含む女性のオリンピックを開催することを決定・宣言しました。

女子オリンピアード1922年開催に成功! クーベルタン激怒!

IOCの冷たい態度に対して、ミリアや女性のアスリートが回答として開催したのが1922年「世界女子競技大会」通称「女子オリンピック」です。

正式タイトルはJeux Athlétiques Internationaux Féminins and Jeux Olympiques Féminins。直訳して「遊戯・体育国際女子大会・女子オリンピック」

Fémininsを繰り返して「オリンピックは男ばかりの世界じゃありません!」と叫ぶミリアの声が聞こえて来るようなタイトルです。

フランスのパリで開催された女子オリンピックは1922年8月20日の1日だけの大会でした。米、英、仏を始め5カ国を代表するアスリートが参加、11の陸上競技が行われ18人のアスリートが世界新記録を出しています。

20世紀初めの女性だけの世界大会とはどんな風景だったのでしょうか? 現存するサイレント動画をご覧ください。

Women’s Olympiad1922

2万人の観衆を集めた会場のスタッドペルシングは、フランスのパリのヴァンセンヌの森にある多目的スタジアムでした。ハイジャンプ、砲丸投げ、短距離ハードルの様子と、選手が和やかに談笑する風景が記録されています。

一方、「オリンピック」の名称を了解なしに使用されたIOCのクーベルタン会長は激怒しました。しかしこの時代には著作権とか、商標権とか、オリンピックという名称を差し押さえる権利もなければ、国際スポーツ裁判所もありません。IOCはミリアとFSFIに対して交渉を開始。

オリンピックで一部の陸上競技と体操を女性に開放することを約束する代わりに、女子オリンピックの名称からオリンピアードという言葉を取るように要請しました。

このためFSFIの第2回女子オリンピックは“女子世界大会”と名称を変更して、1926年にスエーデンのイエテボリで開催されます。大会には9カ国100人のアスリートが集合。ベルギー、チェコ、英、仏、など欧州各国に加えて日本も参加。このとき日本から只1人参加した人見絹枝選手は幅跳びで世界新記録を出し、立ち幅跳びと2種目で優勝。国別のポイント順位で日本を5位に持ち上げ、大会を盛り上げています。大会の成功はIOCのオリンピックへの女性参画を推し進める原動力となりました。

アムステルダムオリンピックで女子の陸上競技始まる!

1925年IOCの会長が創始者クーベルタン男爵から、アンリ・ド・バイエ=ラトゥール伯爵に交代。新会長も女性のオリンピック参画には否定的でしたが、IAAF国際陸連会長ジークフリード・エドストレームの助言の下、IOCは1928年のアムステルダムオリンピック競技に女子の陸上競技5種目と女子の体操を加えることとします。

ミリアはアムステルダムオリンピックに技術役員として加わり、競技の運営に協力をしています。女性のスポーツ参画の歴史においてアムステルダムは画期的な大会となったのですが、ミリアはまだ不満でした。なんと言っても、男性は22の競技すべてに参加できたからです。

アムステルダムの大会には、1918年に参政権を手に入れていた英国の女性チームがミリアに賛同。IOCに不満を表明して大会への参加をボイコットしました。

女子800mの悲劇

1928年アムステルダムオリンピック 女子800m 銀メダルの人見絹枝

1928年のアムステルダムオリンピックには25カ国から277名の女性アスリートが参加。アントワープ大会の4倍になりました。初めての陸上競技には95人の女性が参加。800mでは日本女子初の銀メダルを人見絹枝が獲得します。ここで悲劇が起こっています。ゴールしたあとで女子選手が次々に倒れていったのです。酸欠による一時的症状と思われますが、女子には中距離以上は体力的に無理だと判断され、その後のオリンピックから200m以上の中・長距離競技が女子のレパートリーから除外される理由となります。

ミリアの最後通告

1930年のプラハ大会、1934年のロンドン大会と女性だけの世界大会を開催して成功を収めたミリアは、思い切った勝負に出ます。ミリアが求めたのはオリンピックでの完全な女性参加です。1936年オリンピックで完全に女性の競技を統合するか、または、すべての女性の参加の権利をFSFIに譲るか、二者択一を迫るという思いきった最後通告でした。

IAAF国際陸連はミリアのFSFIと協力する特別委員会を創設。FSFIは国際女性競技の管理をIAAFに譲渡して女子のプログラムの拡大を図る事となります。

その後、1936年にフランス政府がFSFIへの助成金の交付を止め活動が縮小、ミリアは会長職を辞任します。

ミリアの活動はオリンピックでの女性の参画を促し、今日のようなオープンなオリンピックへの流れを作りました。ミリアムの思想はフランスの女性の参政権運動にもつながっています。

ミリアは一度結婚しますが、子供を授かる前に夫と死別しました。1957年パリで亡くなったアリス・ミリアの名前は、生前の活動を讃えて、パリの14区の体育館のペディメントに刻まれています。

(おわり)

【参照サイト】 

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Alice_Milliat

https://en.m.wikipedia.org/wiki/1922_Women’s_World_Games

https://www.britishpathe.com/video/womens-olympiad

【記事は無断転載を禁じられています】

The following two tabs change content below.
下條 俊隆

下條 俊隆

ペンネーム:筒井俊隆  作品:「消去」(SFマガジン)「相撲喪失」(宝石)他  大阪府出身・兵庫県芦屋市在住  大阪大学工学部入学・法学部卒業  職歴:(株)電通 上席常務執行役員・コンテンツ事業本部長  大阪国際会議場参与 学校法人顧問  プロフィール:学生時代に、筒井俊隆姓でSF小説を書いて小遣いを稼いでいました。 そのあと広告代理店・電通に勤めました。芦屋で阪神大震災に遭い、復興イベント「第一回神戸ルミナリエ」をみんなで立ち上げました。一人のおばあちゃんの「生きててよかった」の一声で、みんなと一緒に抱き合いました。 仕事はワールドサッカーからオリンピック、万博などのコンテンツビジネス。「千と千尋」など映画投資からITベンチャー投資。さいごに人事。まるでカオスな40年間でした。   人生の〆で、終活ブログをスタートしました。雑学とクレージーSF。チェックインしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする