“失敗しない接待ゴルフ” 得意先に満足してもらうためのポイント5か条はこれで決まり!

「一度、君に担当してもらってる○○会社の△△部長と、懇親ゴルフを企画してくれないかな? もちろん君も一緒にだよ。前の会食で△△さんとゴルフ談義で盛り上がったのを思い出したんだよ」

ある日、会社の直属上司の部長からこんなことを頼まれました。

得意先を会食で接待した経験は何度もあるのですが、ゴルフで接待するのははじめてです。

部長から、”営業するならゴルフくらいは覚えておいた方がいいよ”と言われて、ゴルフの練習をしてきました。

先輩に頼んで、ゴルフコースに連れて行ってもらって、ラウンドのルールやマナーも一通り身につけたつもりです。

上司には咄嗟に”さっそく検討させていただきます”と明るく返事をしてしまいました。

でも、ゴルフの技術はまだまだ未熟だし、得意先をゴルフで接待した経験がありません。

上司から営業マンとしてのスキルを試されているような気がして、ゴルフコースで失敗しないかとても心配です。

どなたか接待ゴルフの極意、教えてください!

・・どうか安心してください。

得意先との懇親ゴルフはそれほど難しいことではありません。

接待ゴルフで失敗しないためのポイント5か条を、招待と被招待ゴルフ数百回超えの筆者が失敗と反省を込めてあなたにお知らせします。

失敗しない接待ゴルフ 第1条”前日までが勝負です”

懇親ゴルフの当日は初舞台に上がった役者の様なものです。

成功するか失敗するかは、前日までの準備ですでに決まっているといえます。

一体どのような準備をすればいいのでしょうか?

でも、ちょっと待ってくださいね。

準備にかかる前に、接待ゴルフの目的とスピリットを明確にしておきましょう。

接待ゴルフの目的は”大事な得意先の幹部に貴重な一日を楽しくプレーしていただくこと”です。

ゴルフというスポーツは、一日のラウンドを通じて、顧客とのコミュニケーションを図り、人間関係を深めることができるからです。

スピリットは”接待するなら徹底しろ”です。

中途半端な接待なら止めた方がいいのです。

接待する側の人品骨柄や会社の格調、すべてを見られる覚悟で企画を練り上げましょうよ。

・・それでは事前の準備の始まりです。

懇親ゴルフの前に準備することを具体的にピックアップしてみました。

  1. 先方(得意先)に相談相手を作ろう!
  2. 懇親ゴルフは2対2で
  3. ご招待であることを明確に伝える
  4. ゴルフコースは上司のホームコースで
  5. 先方の人となりを知り、当方の人となりを伝える
  6. 事前の御挨拶は必要?
  7. 案内状
  8. キャディー、プレー後の食事、お土産の準備
  9. お足の方は大丈夫でしょうか
  10. 明日(あさって)はよろしくお願いします

1 ”先方に相談相手を作ろう”

先方のお得意には日頃あなたが接触している相手方(Aさん) が必ずおられるはずです。

まずAさんに、あなたの会社の上司が先方の△△部長様とゴルフの懇親会を希望していることを伝えて、相談に乗ってもらいましょう。

あなたがゴルフの初心者であることと、懇親ゴルフの段取りをするのは始めてであることを伝えましょう。

正直に伝えて協力をお願いしたら、きっとあなたの相談に乗ってくれますよ。

そのうえで、Aさんから△△部長にゴルフご招待の趣旨を伝えていただいて、了解を取っていただくようにお願いします。

△△部長の”快諾”が取れた時点で、あなたの上司にその由を伝えて、懇親会の準備をスタートしましょう。

2 ”懇親ゴルフは2対2で” 

ゴルフは通常、一組4人でラウンドします。

得意先のゲストは△△部長と、もうお一人を選んでいただきます。

人選は先方の意向次第ですが、Aさんがゴルフ経験者ならぜひAさんに同行してほしい由をお伝えしておきましょう。

Aさんが同伴者に決まれば、あなたも心強い限りですものね。

・・先方は△△部長とAさん、こちらは上司とあなた、このメンバー構成なら懇親会の成功がみえてきたも同然です。

3 ”ご招待であることを明確に伝える”

ゴルフ会の経費は当社の負担であることを、始めにはっきりと先方にお伝えしましょう。

ただ単に懇親会と伝えると、費用はそれぞれの会社負担とか、個人の自己負担とか、間違って受け取られることがあります。

懇親ゴルフにもいろいろな形があって、勘違いのまま進むと、なんのための懇親か分からなくなります。

最悪は当日精算するときになって、「いや今回は私どもの方で・・」とか「自己負担で・・」とか押し問答になることまであります。

今回のゴルフは”ご招待させていただきたい”旨を最初に明確に伝えておきましょう。

4 ”ゴルフコースはできれば上司のホームコースで”

懇親ゴルフのコースは超一流である必要はありませんが、使い慣れたコースだと接遇するのになにかと便利です。

あなたの上司のホームコースが、それほど遠くなくて、あるレベル以上のコースであれば、そこへお得意様をゲストとしてお招きするのが得策です。

上司にホスト役をお願いしましょう。

ラウンドするときに、テイーグラウンドでホールの特徴や、コース攻略の説明をしてもらいましょう。

スコア・メイクに役立つアドバイスは、ゲストにスキルを発揮して、プレーを楽しんで頂くことになります。

また、ランチタイムでは上司お薦めのメニューも披露してもらいましょう。

ゴルフコースは上司のホームコースや、会社や上司のよく使う”顔の利く”コースを選ぶと、なにかと便利ですよ。

5 ”先方の人となりを知り、当方の人となりを伝える”

ゲストのお二人のプレースタイルや、ハンディキャップを事前に調べて、上司に報告しておきましょう。

同時に上司やあなたのゴルフについての状況をAさんから△△部長にお伝えしておくことがいいでしょう。

ゴルフのプレースタイルにはいろんな個性があります。

当日まごつかないためにも必要な予備知識は知っておきましょう。

6 ”事前の御挨拶は必要?”

上司が先方の△△部長に事前に御挨拶に伺うかどうかは、二人の

親密度や状況にもよりますので、上司の意向を確認しましょう。

いずれにしましても、あなたは先方の△△部長に事前の御挨拶を済ませておく必要があります。

もちろんAさんに同行いただいてのことです。

ゴルフ当日、得意先の△△部長があなたの顔を見て「あれどなたでしたっけ?」というような表情にならないよう・・

・・最悪の事態が上司の前で起こらないように、事前のご挨拶を済ませて、しっかり顔を覚えておいてもらいましょう。

7 ”案内状”

案内状は上司の名義で作成して、ゲストのお二人に届けます。

コース、日時などの確認や、先方の社内手続きのためにも必要なことがあります。

あなたの会社に招待ゴルフの定型文があるはずです。

秘書か総務で公式の封書と文書を用意してもらいましょう。

8 ”キャディー、プレー後の食事、お土産の準備”

最近はセルフプレーがあたりまえのプレー・スタイルになってきましたが、接待ゴルフに欠かせないのがベテランキャディーさんの存在です。

招待ゴルフであることと、ゲストの名前をコースのオフィスに伝えてベテランのキャディーさんを一人頼んでおきましょう。

ゲストのボール探しや、ピンまでの距離などラウンド中のゲストサービスをキャディーさんがあなたの代わりにやってくれます。

あなたの気遣いが、俄然楽になりますよ。

ゲストにも遠慮なくキャディーさん付きのゴルフを楽しんでもらえるはずです。

できればあなたからキャデーさんに事前にゲストを教えて、少額のチップをはずんでおけば効果満点ですよ。

プレー後には簡単な食事とお土産を用意しましょう。

お風呂上がりには簡単な食事と懇談の時間を必ず取っておきましょう。

また、お土産はたいそうなものでなくて、ご家族の喜ばれるものがいいでしょうね。

9 ”お足の方は大丈夫でしょうか”

懇親ゴルフでは、車の用意は各自が手配することになります。

しかし招待ゴルフであれば迎車を用意する意向があることをまず伝えるのがいいでしょう。

△△部長や、Aさんの足が不便であれば、迎車を用意して送迎するようにいたしましょう。

10 ”明日(あさって)はよろしくお願いします”

プレーの前日か前々日には確認の電話かメールをAさんに入れておきましょう。

準備の最後の〆として確認連絡は不可欠です。

ゴルフ会の前日になると、Aさんも△△部長さんの手前、不備がないかどうかなにかと不安になるものです。

Aさんもあなたからの最終確認の連絡が入ると、きっと一安心されますよ。

・・これで懇親ゴルフの準備は整いました。

それではプレー当日のポイントをチェックしていきましょう。

失敗しない接待ゴルフ第2条”大事な得意は玄関でお出迎え”

大事なお得意は必ずゴルフ場の玄関でお迎えしましょう。

そんなことはあたりまえと言われそうですが、現実にはよく起こることがあります。

ゲストがゴルフコースにホストより先に到着してしまうことがよくあるのです。

交通事情を考えて早めに出発したとか、すこし練習時間が必要とか、ゲストの性格とかいろんな事情が重なって、ゲストが予定よりとても早く到着されることがあるのです。

たとえば、あなたがゴルフに招待される側だったとしましょう。

いくら予定より早く到着したとはいえ、フロントにホストの顔が見えないのは寂しいものですよね。

初めての懇親ゴルフで、得意先の幹部と顔合わせです。

一日のスタートをゲストに気持ちよく迎えて頂くために、あなたは着替えを済ませて、少なくとも1時間半前には玄関に立つようにいたしましょう。

ゴルフ招待のスピリッツ・・”招待するなら徹底しろ”ですね。

万一得意先が1時間半前にゴルフ場に到着してしまったとき、あなたの顔を玄関でみつけたら・・その時の△△部長やAさんの喜ばれる表情が目にみえるようですよ。

さー、ゲスト到着後はゲストのバッグを運んだり、受付にご案内したり、いつもの会食接遇と同じ要領ですよ。

ゲストには、軽めの練習とか、朝のコーヒーとか、時間があればゆっくり過ごしてもらいましょう。

ラウンド前の軽い練習

あなたの上司はレストランでゲストをお待ちして、御挨拶と談笑でしょうか。

それともあなたと一緒に玄関で御挨拶でしょうか?

そこはベテランの上司にお任せいたしましょう。

失敗しない接待ゴルフ第3条”自然体で行くラウンドプレー”

得意先との懇親ゴルフで、ラウンドをするときの注意ポイントは”自然体で行く”です。

接待上手なゴルフプレーヤーは特に際だったことをしません。

あたりまえのマナーを守って、ゲストにプレーを楽しんでもらい、自分もゴルフを楽しんでいる様にみえます。

でもさりげなくいろいろな気遣いをしているのです。

マナーと気遣いのいくつかをピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてください。

  1. ゲストがプレー中は決して動かない。
  2. ゲストのプレーを必ず見守っている。
  3. 自分のプレーは素早く済ませている。
  4. アドバイスをやたらとしない。
  5. 結果を見てからナイスショット!という。
  6. プレー中に仕事の話をしない。

1 ”ゲストがアドレスしたら決して動かない”

同伴者がボールに向かってアドレスを取ったとき、あなたはたとえどこにいても動くのを止めて、静止しなくてはなりません。

人間の目線はたとえ遠くても、少しでも動くものにあると気がつき、気になるものです。

人によって気になる程度の差はあるでしょうが、このことはゴルフマナーの基本中の基本です。

ゲストがアドレスに入ったときはあなたはたとえどこにいても、決して動かないようにしましょう。

2 ”ゲストのプレーを必ず見守っている”

上級者は同伴者のプレーをしっかり見ています。

特にゲストのボールの行方は、ロストボールにならないように、最後まで見届けています。

ボールの行方の確認だけでなくて、クラブの選び方や、コース戦略や、ブレーンワークもスキルの一つとして、上級者はお互いに観察をしているのです。

懇親ゴルフでも同じです。

戦略の立て方にもプレーヤーの人柄や個性が現れるのです。

ゴルフのプレーを通じてリレーションを深めるためには、ホストがゲストのプレーをきちんと見守っていることがエチケットの基本といえますね。

3 ”自分のプレーは素早く済ませる”

一流のホスト・プレーヤーは自分のプレーの順番がきたら素早くショットを済ませます。

クラブやショットを選択する判断が速く、準備ができているのです。

あなたも自分のプレーをスムーズに済ませてゲストのプレーを見守る余裕を持ちたいですね。

もちろんあなたもプレーを楽しんでください。

あなたが楽しんでプレーする姿はゲストへの礼儀でもあるのです。

でもスコアを気にして、自分のOBボールを探すのに時間をかけたり、素振りを何回も繰り返したりすることは止めましょう。

今日は接遇の日です。

“接待するなら徹底しよう”をお忘れなく!

4 ”アドバイスをやたらとしない”

上手なホストはやたらとゲストにアドバイスをしません。

コースの落とし穴とか、危険な箇所をお知らせするくらいです。

懇親ゴルフはレッスンではありませんので、聞かれない限りアドバイスは不要です。

ただしあなたがゲストからアドバイスをもらうのはご愛敬でいいかもしれませんね。

5 「結果を見てからナイスショット!」

ナイスショット!

自然と口から出る「ナイスショット」はいいものです。

でも今日は”ナイスショット”は上司にお任せしましょう。

ナイスショットかそうでないかは、ゲストのハンディキャップ次第です。

あなたから見たナイスショットでもゲストご本人はご不満かも知れません。

最悪なのは”ナイスショット”の結果が、思いがない方向に曲がってひどいラフに入っていたり、ブラインドでOBゾーンに飛んだりすることもあります。

“ナイスショット”はコースをよく知った先輩にお任せしましょう。

6 ”プレー中に仕事の話をしない”

ゴルフのラウンドの間に仕事の話を持ちかけるのは禁手です。

懇親ゴルフは”ゴルフを楽しんでもらうことが目的”です。

どうしても話したい仕事の話があるときは、ラウンド終了後の軽食のときに様子を見て話しましょう。

初めての顔合わせゴルフです。

無粋なことは控えましょう。

失敗しない接待ゴルフ第4条”仕事の話はお風呂上がりの懇談のときに”

お風呂上がりのあとは軽食と懇談の時間です。

ゲストもホストも気分がほぐれて、いろんな話が弾むときです。

ざっくばらんな話ができる雰囲気であれば、この場を借りて仕事の話をしてもいいでしょう。

得意先の方から仕事の話に水を向けられるかも知れませんね。

そこのところもあなたとAさんとの事前の仕掛け次第でしょうか。

部長同士の気持ちが通じ合える瞬間を演出できたら、これはもう大成功です。

失敗しない接待ゴルフ第5条!お見送りとアフターフォロー”

ゲストのゴルフバッグを運んで、玄関で車のお見送りをしたら本日のお勤めは終了です。

週明けの月曜日には午前中に得意先に御礼に伺いましょう。

Aさんに御礼を申し上げてから、△△部長のお部屋にお伺いしましょう。

得意先の△△部長から、御礼の握手とこんなコメントを頂いたら、あなたもなんだかVIPな気分になりますよ。

「次回は私のホームコースにぜひお二人をご招待させてくださいよ!」

(おわり)

営業ゴルフを始めるかどうか、お悩みの方はつぎの記事をどうぞ。

「営業やるならゴルフくらい覚えておいた方がいいよ」 会社の上司や先輩からいわれて、ゴルフを始めるかどうか悩んでいませんか? "ゴルフは道具や練習にお金もかかるし、ルールやエチケットもうるさそうだ。面戸くさいからしばらく様子みるか?" 悩んでいるあなたに代わって、初期の費用や上手な節約の方法をシミュレーションしてみました。

【記事は無断の転載を禁じられています】

The following two tabs change content below.
下條 俊隆

下條 俊隆

ペンネーム:筒井俊隆  作品:「消去」(SFマガジン)「相撲喪失」(宝石)他  大阪府出身・兵庫県芦屋市在住  大阪大学工学部入学・法学部卒業  職歴:(株)電通 上席常務執行役員・コンテンツ事業本部長  大阪国際会議場参与 学校法人顧問  プロフィール:学生時代に、筒井俊隆姓でSF小説を書いて小遣いを稼いでいました。 そのあと広告代理店・電通に勤めました。芦屋で阪神大震災に遭い、復興イベント「第一回神戸ルミナリエ」をみんなで立ち上げました。一人のおばあちゃんの「生きててよかった」の一声で、みんなと一緒に抱き合いました。 仕事はワールドサッカーからオリンピック、万博などのコンテンツビジネス。「千と千尋」など映画投資からITベンチャー投資。さいごに人事。まるでカオスな40年間でした。   人生の〆で、終活ブログをスタートしました。雑学とクレージーSF。チェックインしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする